のんびりTennyのロハス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

引越し、風邪ひき、そしてにぎやかな・・・

風のように3月も過ぎていきました・・・。
いつも、あ!っというまに過ぎるひと月も、今月は新幹線並みだったかも(笑)

いよいよ、弟の家族が引っ越してきましたよ~
義妹のSちゃんは、引越しの日前後、約半月もの休みを確保できて、まあ忙しいながらも準備完璧 と思ったのもつかの間だったようで・・・。 そうは世の中うまくはいかないんです、これが。バタバタと子供達が風邪でダウン 引越し間際になってママもダウン・・ 引越し終わってパパダウン・・ その合間に私も風邪が移ったみたい・・・。 おまけに前の日まで天気だったのにその日はすご~く寒い雨降りで。
でも、おかげさまで何とか引越しも終わり、無事松代の住人となりました♪ ヨカッタ、ヨカッタ。

引越し前のおうちの中をちょこっと公開♪

20070330173455.jpg 20070330173504.jpg 20070330173514.jpg

ピンクのシンクがすごく可愛い♪ 「パパは反対したんだけどね~。これだけは通しちゃった」 いいじゃない、いいじゃない、女の城だもの♪

パパの書斎はドアなし、仕切りなし。 う~ん、これもいいことだ!

「おばあちゃ~ん、○。ちゃ~ん(私の名前・おばちゃんとはけっしてヨバセナイ)」 っておっきな声でいつでも聞こえるような気がして、いよいよにぎやかになりますよ~

来ると仕事にならないんだけどね~ でも可愛いからついつい遊んでしまう・・・。

そのうち、可愛い子供達の写真、アップしますね~

スポンサーサイト

PageTop

石けん週間♪

まあ、手作り石けんLOVEな私にとって、特別ここ一週間ほどが特別「石けん週間」というわけではないのですが、うきうきしちゃってこんなタイトルとなりました

先週、大好きな手作り石けん屋さんのひとつ「Cocoro*」さんの今月の限定石けんが発売となりました。とっても人気のお店でいつもほぼ売り切れ状態。今月こそはと張り切っておりました。

当日、帰宅の遅い私は発売時間に間に合わず、それでも帰ってすぐにパソコンを開けてCocoro*さんのサイトへ。狙いを定めていた塩の石けんはやはりSOLDOUT(涙) めげずに今月の限定石けんと紅茶の石けんをゲット! したつもりが、何てことだろうか、注文最中に紅茶のほうが売り切れ そんなこんなで注文はひとつだけ。Cocoroさん、ごめんなさい、ひとつだけの注文なんて返ってご迷惑でしたよね。それでもそのひとつにお店の名前のとおり、「Cocoro(心)」がずっしりこもっている、気持ちがびんびん伝わってくるお品でした

20070322121105.jpg 20070322121056.jpg

ね、ね、素敵でしょ ソーパー1年生の、しかも不器用な私にとってはまっすぐ切る事から始まって夢のまた夢のような石けんです。アイディアもすごいですよね。ちなみに今月の誕生石のアクアマリンをイメージしたそうです。使うのがもったいなくて、しばらく飾っておきたいです♪

昨年、私の作った手作り石けんに会った事から(無理やり使わせられた、とも言う^^;)、 石けんや環境の事に興味を持ったお仕事仲間のソムリエM君。ワインが恋人というおしゃれな公私を持っている彼らしく、東京出張のおりに銀座の「サンタ・マリア・ノヴェッラ」で石けんを買ってきたとの事。石けんの値段など知らず、闇雲に手に取り購入し会計をしてびっくり なんと銀座の高級店で石けんばかり1万円を超える買い物をしてきたらしい・・。

話を聞いた私は、有名店の石けんとやらを試して見たく、ひとつ譲っていただきました。

20070322121120.jpg
 後ろの箱(3個いり)とひとつの価格を間違えたらしい。いくら高級店でも石けんがそんなにするなんて、誰も思わないよね 手前左のオリーブオイルの石けんは「おまけ」で頂いちゃいました。

 
20070322121127.jpg 20070322121138.jpg  20070322121146.jpg

市販の石けんは、高級だろうと何だろうと、やはり見慣れないものがいっぱい入っていますね~。オリーブ石けんはやはり色が黄色味がかっています。 でもやはり高級ソープらしく、デザインもすごく洗練されています。香りは「アイリス」。上品な香りが漂います。

こちらはさっそく使って見ます! 
それにしても、オリーブ石けんは一番多い配合がオリーブオイルではないのですね。
それを考えると、肌の事を一番に考えた手作り石けんは高級ソープを超える「誠に贅沢な石けん」といえますよね。中々ゆっくり石けん作りが出来ないけれど、これからも自信をもって作っていきたいと思いました。

なにしろ、自身の辞書に「褒める」という文字がないわが母も

「これだけは、ほんと具合いいのよ~」

とまわりに言いまくってくれるほど気に入ってくれてるので 

う~ん、でもこれだけってどういう意味だろう

PageTop

FOODEX 2007

FOODEXに行ってきました。
FOODEXとは、アジア地域で最大、世界でも3番目の規模を誇る食品・飲料の専門展示会です。

写真はダメ、ということでカメラは持っていかなかったので今日は画像なしです。でも、外の雰囲気くらい撮ってくればよかった~
ここ数年、ずっと訪れてなかったので気合が入ります(なんてほどでもないか・・・)
今回の目的は「食品」。 添加物のないもの、出来れば有機のもの、そして美味しいもの。どんなに身体に良くても美味しくなければ続かない。食いしん坊のTennyがこだわるところです。

それから、もうひとつ。どうしても受けたいセミナーがありました。
この日は月に一度の酒屋さんの勉強会。でもFOODEXを優先してしまいました。
セミナー名は「必要とされるハーブ」。萩尾エリ子先生の講演です。
萩尾先生のお名前は知らなかったし、セミナーを受けるまで先生の名前は知らされてなかったのですが、なんと同じ長野県の方!
そしてなんと、今日になってわかった事!! 私が石けん作りをするきっかけになったひとつが、お店の隣のおうちからお嫁に行って諏訪に住んでるMちゃんに手作りのマルセイユ石けんをいただいたことなのですが、なんと彼女のアロマの先生だったのです! もう、びっくり なんともいえないオーラのある方だとお聞きはしていましたが、本当にその通り、すご~く素敵な先生でした。こんなところでお会いできるとは思ってみませんでした

私は昔からハーブが大好きで、庭に植えたりしてみましたが、その後が続かない(笑) お茶にしても心から美味しい~と思えなかったりで、そのうち元気良すぎるハーブ(特にミント)にてこずったり・・・。
石けん作りをはじめて、リンス用やバスソルト、もちろん石けん用にも使い始めではいましたが・・・。
でも今回のセミナーを受けた事で、もう少しハーブの事も知ってみたいな~という気持ちに。必要とされるハーブ・・・これからもっともっと注目されてくるでしょう。最近はようやく医療関係の方達も興味をもたれつつあるそうです。ハーブをディスプレイされている会社も結構見かけましたよ。

今回、重い腰をあげて行ってヨカッタ♪
ハーブティ、さっそく飲んでみます^^

そうそう、弊店でもハーブティ、扱っていました^^
色々ミックスされているこのお茶は美味しいですよ~(宣伝モードです

20070315171649.jpg

PageTop

じゅんの闘病記 その1

一昨日の水曜日はじゅんの四十九日でした。
その前にTちゃんに「そろそろじゅんの四十九日だよ~」と話したら
「猫にもあるのか~? 人間より寿命短い分、四十九日も早いんじゃないのか~?」なんて馬鹿な事を言ってだけど、じゅんが死んだときに声をあげて泣いてたの、誰だったっけね~♪

jun.jpg
 どこ見てるのかな? 君の行くお空はまだまだ遠くだよ・・・(僕がまだ5歳のときの写真だよ。写真苦手だってママ、あんまり撮ってくれなかったんだよね~)


じゅんの異変に気づいたのは昨年末。暮れも押し迫った26日の事でした。いきなりご飯を食べなくなってしまったのですが、年末は仕事も忙しくてすぐにはお医者さんには連れて行けない。様子を見ているうちに2日ほどで回復。無事お正月も難なく迎え・・・ているとばかり思ってました、この時は。

1月10日なって、またご飯を食べなくなってしまい、その時も母が留守だったりしてお医者さんに連れて行ったのは12日。午前中、じゅんを預け夕方担当のI先生から電話をもらい、その時の先生の口調からただ事ではないのかも・・・となんとなく胸騒ぎが。

「今日は帰りましょう」 

え?今日はってどういう事? 不安を抱えながら片道30分の病院へ。
ただのお腹痛程度と思っていた私にI先生はとてつもなく不思議な事をおっしゃる・・・ 知識のない私は訳がわからず・・・
疑われるのはリンパ腫とFIP、詳しい結果は数日しなければわからないとの事。胸水が溜まって苦しいのでお水を抜く治療をしてもらったじゅんは家に帰るとちょっと目を離した隙にいなくなってしまった。
あちこち探すうちに、もしや・・・と思い登ってみるとやっぱり! 押入れの天井の隙間から屋根裏にあがってしまい、そこにしゃがみこんでいた。
「死に場所を探しているのかな・・・」 ふと頭をよぎった不吉な事。
まさか、予感が的中するなんて、しかもこんなに早くに逝ってしまうなんて、その時の私は思いだにしませんでした。  つづく・・・

 
20070309141129.jpg 20070309141152.jpg
お気づきですよね。私、どうしてもお骨を手放す事が出来ないんです。
トトロの時も「今は寒いから暖かくなったらお庭に埋めてあげるからね」なんて思っていたのですが、ダメなんですよね~。
「千の風になって」の歌詞のように、ここにいないことはわかってはいるんですがどうしても置いときたいんです。最近はペットと一緒に入れるお墓があると以前TVで見たことがありますが、本気で検討中です。

20070309141139.jpg
 やっと黄色のユリを飾りました。やっぱピンクばかりじゃ、ね。一応男の子ですから、じゅんちゃん。
でも、甘えっ子のじゅんのイメージはやっぱり ピンク なんですよね~なぜか

PageTop

松代でひなまつり♪

今日はひな祭り。私の生まれ育った長野市南部の小さな町「松代」では本来ならば一ヶ月遅れなのですが、「松代でひなまつり」という町あげてのイベントが今日から始まりました。

実はこの松代、元々は真田十万石の城下町なのですが、最近ちょっと話題なのです 数年前に遊んで学ぶ大人の学校として「エコール・ド・松代」が開幕。ようこそ松代へ、ということで観光事業にも力を入れております。
また、昨年は地元の松代高校が初の甲子園出場を果たし、町ぐるみで熱~い夏を過ごしました。
それから、「硫黄島からの手紙」の主人公、栗林中将は松代出身ですし、NHK大河ドラマの主人公「山本勘助」のお墓も松代にあるのです。

と横道に逸れましたが、お店のウインドーにもさっそくお雛様を飾りましたよ~

20070303103658.jpg
 
このお雛様は、母が唯一の女の子の孫である「京」の健やかな成長を願って自分で買ったもの。我が家では毎年飾ります。今年は飾り付けを私がしましたが、こんな2段飾りでも結構大変!

昨年は母のお友達のTさんのおうちの‘大正7年生まれの節子さん‘のお雛様を飾らせていただきました。

 
20070303103647.jpg

ここで暴露 「京」という名前はわが弟が高校生の時から女の子が授かったらどうしても付けたかった名前。小京都的なニュアンスのある松代で生まれ育った所以でしょうか。弟も私も松代で生まれ育った事をとても誇りに思っております。
今年小学校へ上がる奏太をどうしても母校の黒門をくぐらせたいとの望みも叶い、今月松代へ引越しをする弟一家。近くに来てにぎやかになります♪

あ、我が家にも女の子がいました~ キティちゃん、ゴメン 
家に帰ったら、さっそくお雛様飾りましょうね♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。