のんびりTennyのロハス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木村コーチを偲んで

昨日は、先日亡くなった巨人の木村拓也コーチの告別式でしたね。
ニュースを見て、本当に切なくなってしまいました。

私自身は、野球にまったく興味がありません。
でも可愛い甥っ子の奏太(4年生)は、自らも野球少年であり、きっとこの世の中で
一番好きなのが野球なのではないかしら? というくらい、辛い練習も、コーチに
怒鳴られても頭の中は野球の事ばかり。

普段忙しいパパを独占して、横浜球場に対巨人戦を見に行ったのが、
3月31日の事。残念ながら当日は負けてしまったのが悔しくて、
ママにお願いして(パパと一緒に)次の日もう一試合見ることになった奏太。
願いが叶って勝ち試合を見て、喜び勇んで最終の新幹線で帰ってきました。
もう、次の日は大変 まだ興奮冷めやらない彼は、一日中歌を披露(どうも応援する時の歌らしい)。

試合直前に倒れたのは、4月2日。遠くながらも木村コーチを前日に見ている奏太は
少なからずショックを受けておりました。
くも膜下出血、37歳・・・。実は私の父親も同じ病気で亡くなりました。
しかも同じ歳での発症で、38歳になって
間もなく天国に召されてしまいました。まだ小学生だった私と弟ですが、
父の事は鮮明に覚えています。声、表情、笑った顔、怒った顔・・・。
昨日の事の様に思い出されるのは、きっと私だけじゃないと思います。
そして事あるごとに、「そうかい、健ちゃんの娘さんかい~」
「健ちゃんは、腰の低い人でね~」なんていまだに思い出してくれる方の多い事、多い事。

なんだか他人事に思えない自分がいます。本当に素晴らしいお人柄だったそうですね。
お子さん達もまだ小さくて、本当に無念だったと思います。
過ぎてみればあっという間。でもこれからの道のりは本当に長いかも知れない。
木村コーチのご冥福と、残されたご家族がこれから強く生きていかれる事、
遠く長野からお祈りいたします。
どうぞ、安らかにお眠り下さい。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。